バインディングのストラップとクイックエントリーそれぞれの固定方法の違いを解説!

スポンサーリンク

スノーボードのバインディングのストラップとクイックエントリーそれぞれの固定方法の解説です!

スノーボードのバインディングにはいくつかの種類があります。
それぞれのバインディングの特徴を理解し、マイボード選びに役立てましょう!

  • ストラップとクイックエントリーそれぞれの固定方法がわかる!

バインディングも固定方法がいくつかあって、その代表的なものがストラップとクイックエントリーです!


調査方法

  • スノーボード
  • バインディング
  • 種類

マルヒの基本的な調査方法はこちらをご参照ください。

ストラップとクイックエントリーそれぞれの固定方法

固定方法により、いくつかの種類に分けられます!

バインディングはその固定方法でいくつかの種類に分けられます。

  • ストラップ
  • クイックエントリー(リアエントリー)
  • ステップイン
  • アルペン

バインディングはボードにねじ止めされていて、ブーツをしっかりとボードに固定するためのパーツです。
ステップインとアルペンは専用のブーツが必要になります。
今回はポピュラーなタイプのストラップとクイックエントリーの固定方法について解説していきます。

ストラップ

最もオーソドックスで、バインディングと言えばこのタイプです。

このタイプのバインディングにはストラップと呼ばれるベルトのような留め具がついています。

つま先部分と甲からくるぶしにかけての部分の二か所にこのストラップがあります。
これをトゥストラップとアンクルストラップと言います。

各ストラップにはラチェットと呼ばれる固定具で、ストラップを締め付ける部品がついています。

ストラップをラチェットで締め付けて、バインディングとブーツを固定しています。

  • ブーツをバインディングに乗せます。
  • ストラップを取り付けます。
  • ラチェットでストラップを締め付けます。

クイックエントリー

少し珍しいタイプですがバインディングとブーツの着脱は圧倒的に楽です。
マルヒはこのタイプを使っています。

このタイプのバインディングにもストラップと呼ばれるベルトのような留め具がついています。
ストラップやラチェットの作りは基本的には変わりません。

クイックエントリータイプはかかと側に特殊な機構があります。
ハイバックをかかと側に倒れる仕組みになっています。

ハイバックをかかと側に倒した状態で、スリッパの様にしてバインディングを「履き」ます。
ハイバックをあげ、ハイバックの固定具を締め付ければ取付完了です。
ちなみに締め付けはワンタッチで「パチン」とやるだけです。

ストラップとラチェットは締め付けた状態のままなので、このハイバックの固定具のみの取り付けになります。

  • ハイバックをかかと側へ倒します。
  • ハイバックをあげ、固定具で締め付けます。

この間僅か2秒程でしょうか。
立ったまま、むしろ滑りながら(※注)バインディングで固定する事が可能です。

  • 滑りながらは危険なので基本的にやらないでください。
  • それくらい簡単だという表現です。

どう違うのか

明らかに違うのは手軽さです。
ストラップよりもクイックエントリーの方が手軽です。

じゃあクイックエントリーかというとそうでもないんですね。

まずメリットの手軽な着脱も、複数人で滑る場合に一人だけ早くても余り意味がありません。(笑)

後はどうしてもその機構から重さや締め付けの面で差が出てきます。
私は全く気にならなかったですけどね。
楽さの方が勝りました!

で、よくストラップの方がおすすめされます。
無難なので、買い替えるときも選択肢が増えるというニュアンスですね。

でも、別にクイックエントリーだからストラップが履けなくなるなんてことはありません。
手軽さゆえに手放したくはないですが、ストラップが難しくてつけられないとか、そんなことありませんからね。

これは人それぞれになるかもしれません。
マルヒはお分かりの通り、圧倒的にクイックエントリー派です。

寒い中でストラップがうまくはめられないという経験があるからです。
中々はめられずに、バインディングを取り付けるためにグローブを毎回脱ぐのも嫌ですからね。
また、ストラップタイプでストラップを取り付けたものの、かかとがしっかりとはまってなかったという経験もあります。
そんな経験もあるので、クイックエントリーをおすすめしたいんですね。

そして本末転倒ですが、この固定方法の種類にはそれほどこだわらなくていいと思います。
着脱の落差は劇的に変わりますが、それ以外劇的に変わるという面もあまりありません。

もちろんこだわりのある方はこだわっていいと思います。
マルヒとしてはクイックエントリー推しなので、こだわります!
そうでない方は、たまたま選んだのがどっちだった、というだけでいいのではないでしょうか!
価格や硬さ、デザイン等、もっと選ぶべきポイントはあると思いますからね!

クイックエントリータイプの方が着脱は楽だと思いますよ!

  • ストラップは毎回ストラップの着脱があります!
  • クイックエントリーはスリッパを履いて、かかとでパチンです!
  • ここにこだわりが無ければ、選んだ結果どっちだったというだけのものだと思います!
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

余りにもクイックエントリータイプを推しているのもどうかと思いました。
ですが、圧倒的に楽なので、このまま推していきたいと思います!

  • ストラップ、クイックエントリーで大きく違うのは着脱の方法です!
  • ここにこだわりが無ければ、選んだ結果どっちだったというだけのものだと思います!
  • マルヒ的にはクイックエントリー推しです!

初めてマイボードを揃える方向けに選び方をまとめた記事もおすすめです!

ここまでお読みくださりありがとうございました!