CPU性能一覧表2019年版!

スポンサーリンク

CPU性能って型番からはわかりにくいですよね・・・。

という事で、この記事では次の事を目的としています!

  • CPU性能をチェックできるCPU性能一覧表を作成したのでご活用ください!

⇒早見表だけ見たい方はこちら!

目的のスペックに合うCPUかチェックしましょう!


調査方法

  • CPU
  • 性能

マルヒの基本的な調査方法はこちらをご参照ください。


今回は複数サイトの情報をまとめるというわけではないので多少調査方法が変わります。

また、CPUはBTOショップサイトのCPUをベースに一覧化しています。
現在使われているCPUの多くをカバーできていると思います。

CPU性能

さらっと解説します!

眠くならないよう、本当に簡単にだけ解説していきたいと思います!
そのため、本来の意味と多少意味の異なる記述をしています。
「ちゃんと」知りたい方は、改めてそれぞれの用語をチェックしてみてくださいね!

CPUの性能

まず、CPUはパソコンの処理を行うパーツです。
処理速度に最も影響しやすい、ボトルネックになりやすいのはこのCPUです。

CPUの性能として注目すべきはコア数、スレッド数、周波数という数値項目です。
もちろん他にも性能に関係する項目はあるのですが、まずはここを見ておけば良いと思います!

コア数

コア数とはCPUの脳みその数です。
CPU1個の中に複数の脳みそが収まって、それぞれが処理を行っているイメージです。

スレッド数

スレッド数はCPUが並列に処理できる数です。

  • 2コア/2スレッドであれば、2つの脳みそが同時に1つずつ処理を行い、結果2つの処理が行われます。
  • 2コア/4スレッドであれば、2つの脳みそが同時に2つずつ処理を行い、結果4つの処理が行われます。
  • 4コア/4スレッドであれば、4つの脳みそが同時に1つずつ処理を行い、結果4つの処理が行われます。

結果4つの処理が行われると言っても、2コア/4スレッドと4コア/4スレッドでは性能は4コア/4スレッドの方が通常は勝ります。
1つの脳みそで並行的に処理を行わせているので、フル回転したときの能力は2コアと4コアの差になります。

コアが脳みそなら、スレッドは手の数、というイメージです。
2コア/4スレッドは2人がそれぞれ2本の手で作業しています。
4コア/4スレッドは4人がそれぞれ1本の手で作業しています。
4コア/4スレッドの方が性能としては勝ります!

周波数

周波数はコアが絶好調のときの性能です。

脳みその回転数です。

数値が高いほどガンガン処理してくれます。

定格と最大の二つの数値があるタイプが主流になってきました。
スレッド数が多いときは定格の性能が使われます。
スレッド数が少ないとき、使っているコアの能力を解放し、最大まで引き出すことができます。

一概に定格を見るとか、最大を見るとかは言いにくくなります。
1つのソフトウェアをフルパワーで使うときは最大が重要になります。
複数のソフトウェアを同時に使い続ける場合は定格が重要になります。

CPU性能早見表

というわけでCPU性能を一覧にしました!
今回コアの合計周波数も付け加えてみました。

CPUコアスレッド周波数
1コアコア計
定格最大定格
Core™ i3-7100U242.44.8
Core™ i3-8100443.614.4
Core™ i3-8130U242.24.4
Core™ i5-6500443.23.612.8
Core™ i5-7200U242.53.15
Core™ i5-7260U242.23.44.4
Core™ i5-8250U481.63.46.4
Core™ i5-8265U481.63.96.4
Core™ i5-8300H482.349.2
Core™ i5-8400662.8416.8
Core™ i5-85006634.118
Core™ i5-8600663.14.318.6
Core™ i5-9400F662.94.117.4
Core™ i5-9600K663.74.622.2
Core™ i7-7500U242.73.55.4
Core™ i7-7700HQ482.83.811.2
Core™ i7-7800X6123.5421
Core™ i7-7820X8163.64.328.8
Core™ i7-8550U481.847.2
Core™ i7-8565U481.84.67.2
Core™ i7-87006123.24.619.2
Core™ i7-8700K6123.74.722.2
Core™ i7-8750H6122.24.113.2
Core™ i7-9700K883.64.928.8
Core™ i7-9800X8163.84.430.4
Core™ i9-7900X10203.34.333
Core™ i9-7940X14283.14.343.4
Core™ i9-7980XE18362.64.246.8
Core™ i9-9900K8163.6528.8
Core™ i9-9980XE183634.454
Celeron® N41004412.44
Celeron® 3855U221.63.2
Celeron® 3865U221.83.6
Celeron® G4900223.16.2
A6-9500223.53.87
Athlon™ 200GE243.26.4
Ryzen™ 3 2200G443.53.714
Ryzen™ 5 2400G483.63.914.4
Ryzen™ 5 26006123.43.920.4
Ryzen™ 7 27008163.24.125.6
Ryzen™ 7 2700X8163.74.329.6

一応補足です。
合計周波数が最も重要かというとそういうわけではありません。

最大速度はやはり1コアの能力です。
並列速度の性能としては合計周波数分の余力があって、やはり最大は1コアの能力になります。

ソフトウェアを起動しているだけで1CPUを占有しているわけではありません。
処理を行っていなければアイドリングしています。

1つのソフトウェアがごりごり処理を行い続けているのであれば占有しがちではあります。

お求めのCPUが表に無い場合はすいません!

お役に立てば幸いです!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

CPUを選ぶ際の表というよりも、選んだPCのCPUの性能をチェックするための表になっています。
こちらのページを開けながら、PCサイト等でお選び頂ければと思います。

  • CPU性能早見表でした!

ここまでお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする