洗濯物が乾かない!どの除湿器を選べばいい?

スポンサーリンク

除湿器には3タイプあります!

という事で、この記事では次の事を目的としています!

  • どのタイプの除湿器を選べばいいかがわかる!

洗濯物の生乾きは気になりますよね!?

  • 梅雨の時期は湿気が高くてじめじめして乾かない!
  • 冬は乾燥しているはずなのに寒くて乾かない!

そんな悩みを解決してくれる除湿器のお話しです!

除湿器にもタイプがありますので環境に合うものを選びましょう♪


調査方法

  • 除湿器
  • 選び方

マルヒの基本的な調査方法はこちらをご参照ください。

2つの方式

さらっと解説します!

眠くならないよう、本当に簡単にだけ解説していきたいと思います!
そのため、本来の意味と多少意味の異なる記述をしています。
「ちゃんと」知りたい方は、改めてそれぞれの用語をチェックしてみてくださいね!

コンプレッサー式

冷えたペットボトルを置いておくと水滴がつきますね?
その仕組みを利用したのがコンプレッサー式です!

空気を冷やして結露を発生させて除湿します。

とはいえ、部屋の中の熱量を外に排気しているエアコンとは異なります。
排出される空気が冷えるわけではなく、むしろ若干温まります。

この仕組みの場合、冷やしたときの飽和水蒸気量の差が除湿力になります。
温度が高いほど、飽和水蒸気量の差は大きくなります。

つまり、高い温度、高い湿度のときに高い効果を発揮するのがコンプレッサー式です!

また、冷却する装置を備えているので、重量があり、多少振動音がします。

デシカント式

フィルターが水蒸気を「こしとる」イメージがデシカント式です!

回転するフィルターが水蒸気をこしとり、ヒーターで温めてフィルターを乾燥させます。
簡単にイメージで書くと、こんな仕組みになっています。

ヒーターにより温める事もあり、低温時にも湿度を下げる事ができます!

その分、やや消費電力量が上がります。

ハイブリッド式

コンプレッサー式とデシカント式を併せ持つのがハイブリッド式です!

1台に2種の仕組みを搭載させています。
良いところ取りではあるのですが、大きくて、高くて、重いです!

  • 大きく二つの方式、コンプレッサー式と、デシカント式があります!
  • 冷やすコンプレッサーと、フィルターのデシカントです!

特徴の比較

先に挙げたもの、挙げていないものを含めて、特徴をまとめておきますね。

項目コンプレッサーデシカント
本体価格高い安い
電気代安い高い
重量重い軽い
高温時能力高い劣るが十分
低温時能力やや不満高くはないが十分
温度上昇僅か多少
多少僅か
サイズ比較して大きい比較して小さい

能力について「十分」としている理由を書いておきます。

大体4時間や8時間のタイマー機能がついています。
また、除湿した水分を貯めるタンクは極端に小さいものでなければ2L程ついています。
夜寝る前に4時間でセットすると、夏場も冬場も朝起きたときにはほぼ満タンになります。

もちろん部屋のサイズや、洗濯物の量によって変わります。
洗濯物2人の目安が約1.5kg位の水分量になります。

2人分の洗濯物であれば、2Lタンク1台で十分な量の除湿ができていると考えられます!

ただ、冬場のコンプレッサー式については環境にもよりますがやや不満は残ってしまうと思います。

特徴についてご理解いただけましたでしょうか?!

選び方

続いて本題の選び方についてです!

最もわかりやすい表現

よく言われている内容にもなるのですが、ずばり次のとおりです。

  • 夏はコンプレッサー式!
  • 冬はデシカント式!

それってハイブリッドじゃないですか!

でも私は必ずしもハイブリッド型が正解だとは思っていません!
次の場合は、コンプレッサー式、デシカント式、いずれかで良いと思います!

夏しか使う予定がない

暖かい地域などにお住みの場合で冬場も普通に洗濯物が乾くのであればコンプレッサー式が良いと思います!

問題になるのはおそらく梅雨の時期の高い湿度ですよね。
電気代も安く、部屋の温度も上げない、夏場の除湿力も高いのはコンプレッサー式です!

夏場エアコンを使わない

夏場にエアコンを使わない方はデシカント式が良いと思います!

エアコンを使わない方は扇風機など使うと思います。
扇風機があれば、上がった温度は気になりません。
※体感の話なので個人差がありますが・・・。

電気代が多少掛かってしまうのはデメリットかもしれません。
しかし、軽いため持ち運びに優れますし、冬場も高い除湿力を発揮できるのはデシカント式です!

冬も使うけどできるだけ安く済ませたい

こういう場合もデシカント式だと思います!

「電気代が掛からないからコンプレッサー式じゃないの?」
と思われるかもしれません。

やはり冬場の除湿性能はデシカント式でないと満足いきません。

せっかく買ったのに冬場使えなかったでは安物買いの銭失いです。

夏場の能力を多少我慢して、冬場使えるデシカント式がおすすめです!

冬にも使う場合は、最低でもデシカント式が欲しい所です!

  • 夏はコンプレッサー式、冬はデシカント式・・・だけだとハイブリッドになりがち!
  • どちらか選ぶ場合、夏しか使わないならコンプレッサー式、冬も使う場合はデシカント式がおすすめです!

マルヒ的には安価に済ませたい場合はとりあえずデシカント式がおすすめです!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事は除湿器の具体的な製品を選ぶ際の前提となる記事になっています。

  • 除湿器にはコンプレッサー式とデシカント式があります!
  • どちらか選ぶ場合、夏しか使わないならコンプレッサー式、冬も使う場合はデシカント式がおすすめです!

ここまでお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする