2019年のノートパソコンの選び方

スポンサーリンク

パソコンってどれを買えばいいのか迷いますよね・・・?

という事で、この記事では次の事を目的としています!

  • 目的別に合わせてどんなパソコンを買えばいいのかがわかる!
  • パソコンの仕組みもついでにわかる!

ただ、今回はデスクトップではなく、ノートパソコンでまとめています。
ここで言うパソコンはすべてノートパソコンになります。

デスクトップとノートの比較、選び方はこちらでまとめています!

目的に合わせて選んで、快適なPCライフにしましょう♪


調査方法

  • ノートパソコン
  • 選び方

マルヒの基本的な調査方法はこちらをご参照ください。

パソコンはすぐに新しい商品が出てきます。
2019年に作成した記事ですので、最新の情報もチェックしてください!

パソコンのパーツ

パソコンのパーツについて少しだけ解説させてください!

最初にパソコンのパーツだけ簡単に解説させてください!
その方が、選びやすくなります!

リンク先にまとめていますので是非ご確認ください!

  • メインパーツの役割は何となくでも覚えておきましょう!
  • 性能に大きく左右しやすいのは、CPU、メモリー、ハードディスクです!

パソコンの選び方

本題の選び方についてです!

リンク先の話をおさらいします。

  • CPUは処理速度
  • メモリーは動作プログラムの記憶容量
  • ハードディスクはファイルの記憶容量

使用用途ごとに、求められる能力の重要性を見ていきます!
ちなみにこれからの事を考えるとWindows10の64bit版が主流になると思います。
64bit版を前提として記載しています!

また、CPUはintelベースで書いています。

なお、そもそもノートパソコンである以上、移動する事、画像処理などの高負荷作業を行わない事を前提としています。
移動しない場合や高負荷な作業であればデスクトップがおすすめです!

もし「移動しないけどそれでもノートパソコンが良い」という場合は、デスクトップパソコンの方もご参照ください。
使用用途的から求められる性能は同じなので参考になると思います。
ただ、ノートパソコンの場合は性能で劣るので、性能は1ランク上のものを選ぶと良いと思います!

ノートパソコンの場合、基本的な上記のCPU、メモリー、ハードディスクは高めの性能を確保しておくと良いです!

性能面

ネットやメール、事務作業をする程度

それほど性能は高くなくても十分です。
目安としては、以下を目安にしていただけると良いと思います。

  • CPU定格2GHz以上、もしくは最大3GHz以上!
  • メモリーは8GB!
  • ハードディスクはSSD!

ノートパソコンの場合、最低でもこの位あった方が良いと思います。
意外と低めに見積もられている方が多いのですが、ノートパソコンだと拡張も難しいので高めを確保しておくべきだと思います。

業務でスピードを求められる場合

お客様先などでもたつくわけにはいかないですよね。
それなりに高い性能があると良いと思います。
目安としては、以下を目安にしていただけると良いと思います。

  • CPU4コア以上で、定格2GHz以上、もしくは、最大4GHz以上!
  • メモリーは16GB!
  • ハードディスクはSSD!

ある程度の作業をストレスなく行えると思います。

容量面

ハードディスクは基本的にはSSDがおすすめです。
ノートパソコンの場合は本体のハードディスクはサイズ的にコスパが悪くなります。
そもそもノートパソコンというものが大容量を扱う事に向いていないのです。

不足分はUSBメモリや、ポータブルタイプの外付けハードディスク等で補うと良いでしょう。
出来れば沢山持ち歩くのも大変なので、動画などを持ち歩く必要があるのであれば、本体SSDサイズも高い方が良いかもしれません。

移動の考慮

移動に便利なのがノートパソコンです。
移動に関するパーツはどんなものがあるでしょうか?

  • 耐衝撃性
  • モニターサイズ
  • バッテリー

移動では何かと衝撃が加わります。
耐衝撃性は最も重要な要素になります。

移動用のノートパソコンであれば十分考慮されています。
移動に適さないモデルは、そもそもデスクトップの方がおすすめです。

モニターは13インチ位までのモデルが持ち運びには便利です。
モニターの大きさがノートパソコンの重さにほぼほぼ比例します。

本体だけでなく付属品もあるので小さいほど持ち運びやすくなります。
使い勝手も合わせると、カバンに収まりやすい、13インチ程度がおすすめです!

また、バッテリーも重要な要素になります。
メーカーの出している時間は理想的な状態での使用時間なので、思ったよりもはやく充電は切れてしまいます。
充電用のプラグはそれなりに重くかさばるので、できれば充電で済ませたいものです。

これらを総合的に判断しましょう!

ここまでの要素を総合的に判断して選びましょう!
ノートパソコンですから、移動面を最重視、そこから必要な性能面を確保し、最後に容量を選んでいくと良いと思います!

以上、ノートパソコンの選び方でした!

  • 移動面を最重視しましょう!
  • 必要な性能面を確保しましょう!
  • 容量は最後!
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ノートパソコンは移動ありきで考えて頂くと良いと思います。
耐衝撃性のあるモデル、1ランク上の性能、必要な容量を確保、この順で選んでいけば納得のノートパソコン選びができると思います!

  • CPU、メモリー、ハードディスクでおよその性能が決まります!
  • 高スペックな商品が安価になってきているので、よく使う場合はあまりケチらない方が良いです!
  • 移動面を最重視、そこから必要な性能面を確保し、最後に容量を選んでいくと良いと思います!

デスクトップパソコンの詳しい選び方は以下をご参照ください。

ここまでお読みくださりありがとうございました!