docomoとauの2回線をmineoに乗り換えました!

スポンサーリンク

docomoとauをmineoに乗り換えました!

という事で、この記事では次の事を目的としています!

  • docomoとauからmineoへ乗り換える方法がわかる!

少し前提を詳しく載せておきますね!

  • docomoとauそれぞれで契約していたものを両方mineoに乗り換える。
  • クレジットカードが1人分しかない。
  • 電話番号を引き継ぎたい。
  • 本体は変更しない。

少しレアなケースですが、上記に当てはまればおすすめです!

調査方法

  • mineo
  • docomoとau
  • クレジットカード

マルヒの調査方法はこちらをご参照ください。

今回はほぼ実体験レポートであり、補足的に参考となるよう調査を交えています。

スポンサーリンク

docomoとauからmineoへ乗り換える

手順はいくつかのパートに分かれます!

いわゆる「格安スマホ」に「新規端末」で「新しい電話番号」で「契約する」場合の手順は次のようになります。

  • 利用中のサービス(docomo、au、softbank、その他、mineoやUQmobileなど)で解約手続き。
  • 格安スマホ(mineoやUQmobileなど)で新規申し込み。
  • 端末とSIMカードが手元に届く。
  • SIMカードの挿入。
  • 端末の初期設定(ネットワーク接続設定など)。

これが基本と言えるかわかりませんが、今回はこれを基本パターンと考えてください。
今回以下の条件が追加されます。

  • docomoとauそれぞれで契約していたものを両方mineoに乗り換える。
  • クレジットカードが1人分しかない。
  • 電話番号を引き継ぎたい。
  • 本体は変更しない。

まずは基本的な手順にどんな影響が出るのか確認していきましょう!

docomoとauの2種類がある

これ自体は手順にはそれほど影響は出ません。
手順のそれぞれを2回行えば良いわけですね。

問題でもないですが、強いて問題と言えば、端末の初期設定が違う事です。
androidとiPhoneで設定が多少違うんですね。
もし異なるスマートフォンOSを使っていれば手順を両方確認しておく必要があります!

  • 手続きのそれぞれが2回分必要になりました。

クレジットカードが1人分しかない

これにより手順が追加となりました。
mineoはサービスの契約者がクレジットカードの名義と一致している必要があるんですね。

ただ、おそらく格安スマホサービス会社によります。
docomo、au、softbankへの転入では特に名義の一致は必要ないようです。

今回mineoさんではクレジットカードの名義と合わせるために、auの契約者の名義変更を行いました。
※auの契約者がマルヒじゃなかったんです。

  • クレジットカードの名義と利用中のサービスの契約者名を揃える手続きが追加になりました。

電話番号を引き継ぎたい

これも電話番号を引き継ぐという手順が追加となります。
電話番号を引き継ぐためのキーワードがMNPです。
「MNP:携帯電話番号ポータビリティ」
・・・略す前の文字列だけ見てもよくわかりませんね。
こういうものは余り深く考えてはだめです。

  • 利用中のサービス(docomo、au、softbank、その他、mineoやUQmobileなど)でMNP転出手続き。
  • 格安スマホを申し込む際に「MNPあり」でMNP予約番号を入力。
  • MNP転入切り替え(回線切り替え)で格安スマホに切り替える。

なお、この場合利用中のサービスを解約する手続きが不要になります。
MNP転入切り替えの操作によって自動的に解約となります。

本体は変更しない

SIMカードをこれから使う端末に挿入して設定をすることになります。
その挿入先が既存の端末という事ですね。

初期設定作業が一部設定済みという事になります。

ただし「SIMロック」が掛かっている場合があります。
元々別のSIMカードを使えないようにされている場合があるんですね。
そのロックを解除する操作が必要になる場合があります。

  • auの端末の方でSIMロック解除手続きが必要になりました。

まとめ

色々な手順が追加になったり不要になったりしました。
まとめると次のような手順になります。

  • 必要に応じてSIMロック解除手続き。
  • 利用中のサービスの契約者名をクレジットカードに揃える名義変更手続き。
  • 利用中のサービス(docomo、au、softbank、その他、mineoやUQmobileなど)でMNP転出手続き。
  • 格安スマホ(mineoやUQmobileなど)で新規申し込み。
  • 申し込みの際に「MNPあり」でMNP予約番号を入力。
  • SIMカードの入れ替え。
  • MNP転入切り替え(回線切り替え)で格安スマホに切り替える。
  • 利用中のサービスは自動的に解約される。
  • 端末の初期設定(ネットワーク接続設定など)。

ケースによって手順が色々変わってしまうのを自分で解決するのが少し大変なんですよね・・・

サポートに満足!

ネットだから全部自分で・・・というわけではないんですね!

マルヒはチャットサポートを利用しました。
少しイレギュラーな手順だと思ったので、念のため確認したかったんですね。

ちなみにマルヒがmineoにしたのには理由があります。

  • UQmobileにしようかなと思っていた。
  • 利用中のdocomoの端末がUQmobileで利用可能となっていなかった。
  • UQmobileに電話問合せしたら「保証はできないので端末は買ってください」と言われてしまった。

という事で急遽mineoさんに聞いてみたら、問題なく使えるとご回答いただけたんですね。
とても良いチャットサポートでした!

もしご不安な点等あればぜひチャットサポートを利用されると良いと思いますよ!

簡単にご案内

せっかくなので各手順の解説もします!


ここから先は少し細かく手順を解説したいと思います。

手順をおさらいしておきます。

  • 必要に応じてSIMロック解除手続き。
  • 利用中のサービスの契約者名をクレジットカードに揃える名義変更手続き。
  • 利用中のサービス(docomo、au、softbank、その他、mineoやUQmobileなど)でMNP転出手続き。
  • 格安スマホ(mineoやUQmobileなど)で新規申し込み。
  • 申し込みの際に「MNPあり」でMNP予約番号を入力。
  • SIMカードの入れ替え。
  • MNP転入切り替え(回線切り替え)で格安スマホに切り替える。
  • 利用中のサービスは自動的に解約される。
  • 端末の初期設定(ネットワーク接続設定など)。

SIMロック解除

今回auで行いましたので、au前提で書いています。

一応店舗でもできますが手数料3000円掛かります。
できればご自分でインターネットから手続きしてしまえると良いですね。

なお、手続き後も回線切り替えまで通常通り使用できます。

まずSIMロック解除が必要なのか、また、条件を満たしているのかを確認します。

  • SIMロックされた端末かどうかを確認。
  • SIMロック解除の条件を満たすかどうかを確認。

auであれば以下からSIMロックされた端末かどうかを確認する事ができます。


条件はこちらに記載されています。

一応確認をしなくても、SIMロック解除手順の中で必要か、可能かが確認できます。

これらの確認さえできれば手順自体は簡単でした。


こちらの「SIMロック解除のお手続き」ボタンをクリックすれば手続きができます。

ただ1つ問題となりそうなのは暗証番号の入力です。
auIDとパスワードが必要になります。
初期設定では「1234」なので、もしわからない場合は試してみても良いかもしれません。

後は案内にそって画面をポチポチするだけで手続きができます。

  • docomoの端末はSIMロック解除不要でした。

契約者名名義変更

今回auで必要となりましたので、au前提で書いています。

これはauショップで行いました。
店舗に伺い、名義変更の旨を伝え、必要事項を記入して終わりです。
身分証明証のためだと思いますが、「運転免許証」を求められました。

なお契約者名の変更のみです。
利用中のサービスの支払者を変えたり、クレジットカード払いに返る必要はありません。
mineoに申し込む際にはクレジットカードでの支払いに切り替えなければなりません。

MNP転出

これはauとdocomo2台とも電話番号を引き継ぎたかったので、両方で行いました。

au

こちらがmnp手続きの案内ページになります。

電話で次のような話がありました。

  • 解約手数料やMNP手続きの手数料の話
  • 端末を買い替える割引が使えるけどどうするかという話
  • どちらに転入する予定なのか(たぶん参考情報)
  • MNP予約番号とその手続き期限

docomo

こちらがmnp手続きの案内ページになります。

電話で次のような話がありました。

  • 解約手数料やMNP手続きの手数料の話
  • これから安くなる予定だけど、本当に解約するの?
  • d-pointは継続して使えますという話
  • MNP予約番号とその手続き期限

格安スマホ新規申し込み

マルヒの契約した格安スマホのmineoさんはこちらですね。

なお、マルヒの契約したタイミングでは毎月500円ずつ、3か月割引というキャンペーン中でした。
これは2019/2/1~5/8まで実施しています。
詳しくはmineoさんのキャンペーンをご確認ください。

条件内容
デュアルタイプで申し込み500円を3カ月間割引
デュアルタイプで6GB、10GBコースに申し込み6GBコース680円、10GBコース940円を3カ月間割引
mineoでんわ 10分かけ放題最大2カ月無料
ウイルスバスター モバイル 月額版最大2カ月無料

mineoさんの申し込み方法の紹介ページですが、簡潔にまとまっていい感じです。
実際の手順はそれなりにマウスクリックしますが簡単です。

手順の中で利用中のサービスを解約後も使えるメールアドレスが何かしら必要になります。
このメールアドレスはパソコン等で使っているメール、gmail等のフリーメールで問題ありません。
また、免許証などの身分証明証が必要になります。

手順は以下のステップで進みます。

  • サービス選択
  • ①「SIMカードのみ、端末とSIMカード」や「au回線のAプラン、docomo回線のDプラン」等の選択をします。
    「次へ」をクリックするとオプションをすすめられますが、不要なら申し込まなくて問題ありません。
    ②またSIMカードの種類を選択しますが、mineoさんおSIMサイズ診断が簡単に判別出来て便利です。
    ③オプションサービスの選択します。
    「次へ」をクリックするとオプションをすすめられますが、不要なら申し込まなくて問題ありません。

  • eoID(maineoのID)確認
  • ④eoIDは通常持っていないと思いますので「新規登録」をクリックします。

  • お申し込み方法確認
  • ⑤エントリーコードをもしお持ちでなければ、紹介用URLも使えます。
    「半角英数字」の所に「X2Y3C8C3N4」を入力すると1000円お電子マネーギフトがもらえます。
    ちなみに下記がマルヒの紹介用URLですので使ってもらえたら嬉しいです!


    ⑥今回はMNPしますので「現在ご利用中の電話番号を引き継ぐ」を選択します。
    MNP転出手続きの際に教えてもらったMNP予約番号と有効期限、使っている電話番号を入力します。

  • ご契約者様情報入力
  • ⑦氏名、性別、生年月日などを入力します。
    半角で入力しても全角にしてくれるのは便利ですね。
    「次へ」をクリックするとオプションをすすめられますが、不要なら申し込まなくて問題ありません。

  • お支払い情報入力
  • ⑧クレジットカードの情報を入力します。
    ※すみません、ここから先は手続きしたときのメモが無く細かい案内はできません。

  • ご本人様確認
  • ⑨身分証明証のファイルを選択します。

  • 最終確認
  • ⑩問題なければ同意して申し込みます。
    ⑪「【mineo】サービス仮申し込みのお知らせ」のメールが届くので、メールに記載の申し込み完了手続き用URLをクリックします。

これで申し込み完了です!
基本的には画面に従ってポチポチ進むだけで手続きできてしまいます。
途中で身分証明証の画像が必要になったりしますけどね。

3月15日に申し込んで3月16日には出荷されました。
3月17日には受け取りまで完了しています!

MNP予約番号

これは先の手順の⑥の手順ですね。

SIMカード入れ替え

SIMカードが届いたら使っていたSIMカードと入れ替えます。

この操作を行うと一時的に端末を利用できなくなります。
正確には電話回線、端末のネットワーク回線が使用できません。
wifiなら使えます。

逆にwifiが使えないとこの後の作業ができないので気を付けましょう。

端末の電源を切ってSIMカードの入れ替えを行います。

androidなdocomoは簡単でした。
ただ機種によって場所が変わると思いますので、探してみてください。

問題はiPohoneなauでした。
iPohoneSEなのですが、端末の側面にスライドするSIMの口があるんですね。

クリップのようなSIMピンというものがあります。
マルヒはこれを購入せず、「針」を使いました。

しかし、全然取り出せない・・・!

泣きそうになりながら何度も押したりひっかけてみたりしました。

「iPhoneSE SIM 取り出せない」等で調べても中々いい情報が見つからずしばらく格闘しました。

マルヒがうまく取り出せなかった原因はおそらくSIMピンじゃなかったからではありません。
細さがある程度あれば、しっかり穴には嵌ります。

このときに押す力が意外と必要でした。
かなり強めに押し込んで、ようやく取り出し口がスライドして開いたんですね。

ひっかけて無理やりこじ開けるのはやめておいた方が良いと思います。
それくらいなら強く押し込んでみることをおすすめします。

もし「押しても出てこない!」という方は、少し強めに押してみてください。
たぶんシャーペンの芯では間違いなく折れる位の強さは必要です。
クリップなどでも曲がるんじゃないかというくらいの勢いが必要でした。

ただ、一応自己責任でお願いします・・・!

SIMカードの入れ替えが完了したら電源を入れます。
先の通り電話やネット回線が使えない状態です。
wifiは使えます。
逆にwifiが使えないとこの後の作業ができないので気を付けましょう。

MNP転入切り替え

mineoのマイページから行います。
申し込みで作ったeoIDを入力しログインします。
ページ下部の方に「登録情報の変更/サポート」があります。
最上段の「MNP転入切替/回線切替手続き」をクリックします。

SIMカードのついていたカードにSIMカードのICCID/製造番号が記載されています。
この製造番号の下4ケタを入力します。

MNP転入切り替えの操作が終わると回線自体は使える状態になります。
ただ、まだ設定を入れていないので実際には使えません。

自動解約

回線の切り替え後、自動的に利用していたサービスが解約になります。

端末の初期設定

端末の初期設定はdocomoとauで設定内容が変わります。

まずサポート全般は下記のURLになります。


かなりわかりやすい作りになっていますね。

「初期設定をされるお客様」の「ネットワーク設定」をクリックします。
それがこちらになります。(料理番組みたいになってしまった感が・・・)

メールも設定しておいても良いかもしれませんね。

いったんここまでで手順は終わりになります。
ただ、利用していたサービスのアプリがいつまでも残っていたりします。
そのような後処理は別途必要になりますが、すぐにやる必要は余りないかと思います。

2台分でおよそ14,000円相当の節約になりました!

  • やるまでは解約や新規申し込みなど煩わしそうでも、やってみれば簡単でした(mineoは)!
  • mineoさんのチャットサポートはとても親切で良い感じでした!
  • 案内頂いた通りの流れでスムーズに手続きできました!
スポンサーリンク

まとめ

今回詳しく書ききれていない内容もあります。

  • UQmobileとmineoで迷って何故mineoを選んだの?!
  • そもそも格安スマホとかSIMってなんの?!
  • mineoのAプランとかDプランってどうやって選んだの?!
  • 特殊なケースじゃなくて普通の方法は?!
  • 格安スマホってどれくらいお得なの?!
  • 格安スマホってやっぱり遅いの?!

いずれまた記事にしてご案内させていただきたいなと思っています。
念のため今回の手順をおさらいして、まとめておきたいと思います。

  • docomoとauそれぞれで契約していたものを両方mineoに乗り換える。
  • クレジットカードが1人分しかない。
  • 電話番号を引き継ぎたい。
  • 本体は変更しない。

このときは次のような手順になりました!

  • 必要に応じてSIMロック解除手続き。
  • 利用中のサービスの契約者名をクレジットカードに揃える名義変更手続き。
  • 利用中のサービス(docomo、au、softbank、その他、mineoやUQmobileなど)でMNP転出手続き。
  • 格安スマホ(mineoやUQmobileなど)で新規申し込み。
  • 申し込みの際に「MNPあり」でMNP予約番号を入力。
  • SIMカードの入れ替え。
  • MNP転入切り替え(回線切り替え)で格安スマホに切り替える。
  • 利用中のサービスは自動的に解約される。
  • 端末の初期設定(ネットワーク接続設定など)。

こうして書いてみると長いのですが、実際は簡単な作業でした!

  • mineoさんのサポートはとても親切でやってみれば簡単な作業でした!
  • こんなに簡単な作業をして、毎月14000円も安くなるなんて、やって正解、早くやるべきでした!

マルヒが今回利用した格安スマホのmineoさんはこちらです。

格安スマホについてのご案内はこちらです。

電話番号を引き継ぐ場合はこちらになります。

ここまでお読みくださりありがとうございました!